« 女神がやってきた? | トップページ | 五十日祭 »

新教育長

長男が小学6年の時教えていただいた受け持ちの先生が新年度浜松教育長になられます。
当時先生は釜山の日本人学校から帰られたばかりで浦島太郎ですよなんておっしゃっておられましたが、あのころTBSの風雲たけし城という番組に出てみたいという子供達を応援してくださったり(残念ながら出場はできませんでしたが)家庭訪問では子供の勉強机の前で話されたり、思い出の先生です。Ta




これは子ども会のソフトボールチームに入っていた長男が卒業の時に先生から頂いた色紙です。

|

« 女神がやってきた? | トップページ | 五十日祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

広沢小に娘が帰国後入ったとき、
帰国子女の担当でお世話になりました。
穏やかなお人柄を思い出しております。
お母様をなくされたのですね。
幾つになっても親は生きていて欲しいもの
お寂しいでしょう。
わたしも三月に実の姉の様に慕っていた兄嫁を亡くして、少々落ち込んでいました。
千の風になって、わたしのそばにいてくれる
と思っています。
親孝行のあなたがた姉妹、お母様はお幸せだったとおもいますよ。
歳をとると、寂しいこともあります、でも孫や、子供たちから倍の楽しみもありますよね。元気だしてください!

投稿: 埼玉M.H | 2007/04/06 21:23

埼玉M.Hさんごぶさたしております。コメント有難うございます。いつまでもあると思うな親と金つくづくそう思っております。高木先生にお世話になったのがついこの間の事のように思われますが、もうふた昔も前のことなんですね。広小・蜆塚中のPTA活動は楽しい思い出です。これからは自分の為にがんばらねばとおもっております。これからもよろしくね。

投稿: おかめ | 2007/04/07 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93005/14401715

この記事へのトラックバック一覧です: 新教育長:

« 女神がやってきた? | トップページ | 五十日祭 »