« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

スーパーの袋が有料になる?

スーパーの袋が有料になる?といって話題にのぼったことがありましたが、その後どうなったんでしょうね~。
それでスーパー袋と同じ形でつくってみました。お米10キロもはいりましたよ。どこのスーパーでもこの頃は「袋いりません」っていうとポイントもらえるんですよ。明日からさっそく使ってみよう。box2
box3
box4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山

昔の子供たちが鮒を釣ったり、カブトムシをとったりした環境を残しておこうとあちらこちらで里山を残そうといろんな試みが行われているそうで、ここ佐鳴湖付近でも炭焼きをしたり、田植えをしたり地域の人々が取り組んでいるそうです。で・・・久しぶりに佐鳴湖公園に行ってみました。木々はもうすっかり冬支度。大きな椎の木の下に椎の実がいっぱい。あたりまえっちゃああたりまえ。「浜松中のリスにしらせたいなあ。」なんて言いながらおっとっとさん拾い始める。さっそく持ち帰りフライパンでがらがらと煎る。
なつかし~い。椎の実といえば子供の頃大安寺の酉の市で必ず買ってもらいました。どうして酉の市に椎の実かは分かりませんがいまでも売っているのかしら?ichiyou
kannbann
shuukaku
sii
siihiroi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートの飾り

できました。ハートの飾りが・・・・
12月1日ドーナツの会で小羊学園の園生さんにプレゼントです。毎年ちょっとしたものを手作りしているのですが、以前つくったエプロンシアターのフェルトが残っていたのでつくってみました。中に手作りクッキーでも1つ入れれば完成です。喜んでもらえるかな~。楽しみで~す。ha-to

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅玉

この頃、りんごの紅玉に出会っていない。私が子供の頃はりんごといえば紅玉にきまっていたのだが・・・。
あまりに高級なりんごが出てきて、どうもりんご農家が安いりんごは作らなくなったとか?ところが見つけたのでした。リベロにありました。6個いり498円。これはもうアップルパイでしょう。糖尿を患っているおっとっとさんのために砂糖は極力ひかえめ。昔々、スーパーの冷凍のパイ生地を使って作ったところ、次男が「これ変、手抜きパイでしょう。」って言ったのを思い出し、せっせと生地づくり。kougyoku
pai




     パイ皮もパリパリ今度は大成功。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログ講座

SBS学苑のブログ入門講座に行ってきました。講師はITコーディネーターの和田喜充先生。
人気のブログを始めてみよう~その魅力と可能性を探る~
ブログとは・・・からやさしく教えていただきました。まだまだわからないところがいっぱいですので、大変勉強になりました。これからはブログのマナーも身につけなくては。いままで随分失礼なことをしていたかも?反省。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

甘食

巷のスーパーコンビニから甘食が消えた?近くの比較的お年寄りのお客が多い長○屋に問い合わせたところ、定番ではないので時々入ってくる商品です。とのことじゃあ自分で作っちゃえ。なんか昔作った記憶がある。長男は「甘食のおやつは記憶に無い。」と言っているがきっとあまり良いできではなかったので、これでは母の沽券にかかわる(そんなもの持ち合わせちゃあいないけど。)と一人で食べてしまったのかも。昔のレシピをさがすこと小一時間あったあった。ではさっそく。取り掛かる。
材料  バター     20g
     砂糖      50g
     牛乳      大2
     卵         1個
     小麦粉     110g
     ベーキングパウダー   小1 
     重曹      小1/3
     蜂蜜      大1
     水       小2              

                                                                 
1.バターをクリーム状に練り、砂糖を加え、卵を少しずつ入れる。                            2.牛乳も加え、混ぜ、粉、砂糖、ベーキングパウダー、重曹をあわせてふるって加え、ざっくりあわせる。     3.天板にオーブンペーパーを敷いて、6個分にわけ、スプーンですくってまるくのせ、ナイフで生地の中央       に×印に切れ目を入れ190度で12~13分焼き、熱いうちに表面につやだしの蜂蜜をぬる

ちょっとちがうなぁ。と思っているところへおっとっとさんが帰ってくる。
「これはちがうぞ~。甘食じゃあない。」
「でも、形わるくても、味は甘食でしょうが・・・・」
「うん」
「だってもうお届けしちゃったんだから・・・・・」
ごめんなさ~い。今度は甘食らしいのつくりますから~。sisaku


| | コメント (5) | トラックバック (2)

牛乳パックシアターⅡ

牛乳パックシアター。クリスマス編paxtuku




出来ました。クリスマスバージョン。12月のドーナツの会でお披露目予定。あとは私の演技力が問題?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松雲会

浜松で宝生流の謡と仕舞を楽しんでいる金蘭会、貴扇会、湊宝会合同の会松雲会の第70回大会が開かれました。私は第1回から参加、その後子育て、主婦、妻と忙しく?30年余りブランクがありましたが平成8年から再び仲間に入れていただいたしだいです。謡仲間の琴子さんとってもお上手になってますますすてき。今回は高砂を舞われました。takasagonakama





懇親会は琴子さんの司会で、軍歌を歌うおじ様たち。ここで「今夜はふたり水いらず」歌う勇気ありませんでした。私としたことが、残念。今日の会では無理。1度はうたってみたいのですが・・・。歌詞を聴いたおじ様たちの目が点になるところを見たい気もしたのですが。。。又今度にしときましょうっと。kinnrannkai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松ヒューマンセミナー

本日めでたく浜松ヒューマンセミナー源氏物語‘若紫‘が修了。
金田先生の脱線?(失礼)しながらの講義にげらげら笑いながらあっというまの10回でした。「テストはしないから」という先生のお言葉に「そうそう、だから来たのよ。」なんて調子で実になったんだかならないんだか?授業中はわかったような気になっていても・・・・・先生ごめんなさい。予習、復習ぜんぜんしていきませんでした~。でもしっかり修了証書はいただきました。seibu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だぁ~れだ

kennkou2
実家の押入れから出てきました。この人はどなた?どうもこのお方はご先祖様で毎日歌舞音曲にあけくれ、家業の酒造りは人任せで一生こうして過ごしなんと人生わずか50年どころか72歳の天寿をまっとうしたそうな。息子達に何十分の一かの血が流れていると思うと、ぞ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばるバジル

今年はバジルが植えた覚えの無いところから出てきていまだにがんばっています。ごろごろの石の間からほったらかしにしておいたのにぐんぐん大きくなって、まるで私の子育てといっしょ。bajiru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公民館まつり

毎年恒例の西部公民館祭り。10日11日と2日間パウンド作りに精を出し、何と今年は、128本、ついでに米はぜ、バター、マシュマロ、レーズン、胡桃、を入れたパッフドライスボール130個。がんばりました。公民館の中で一番立地条件の悪いところでも午前中に完売。売り子がよかったんだね~。ちなみに高校の先輩山口さんは綿菓子の係りで奮闘中。kouminnkann
do-natu
komehaze
paundo
wataame
yakitori



それにしても子供の姿が少ない、どこかのイベントとブッキング?と思ったらなんと同じ校区蜆塚中学で文部科学省指定「理数大好きモデル地域事業」の一環で理科不思議体験「ふしぎのくににいらっしゃ~い!」の大イベントがあり、子供たちはそちらに借り出されたもよう。「公民館にもいらっしゃ~い。」って桂三枝みたいに{古~}やるべきだったなあ~。fukurokextuto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでもいいけど気になったこと

朝、ラジオのニュースを聞いていましたら、ちょっと気になりました。なんでもカナダで遺産を猫に相続させたんだとか。アナウンサーが「亡くなった猫に1億・・・・・・」といっていたけど、いくら金持ちの猫でも「死んだ猫に・・・・」じゃないのかな~。どうでもいいけど気になりました。人間と動物の境がなくなってしまったんですかね~。
気になる日本語はいっぱいありますが、特にスーパーのレジのおねえさん。マニュアルどうりに言うように教育されているんでしょうけど、商品をお客に渡すまで時間がかかりすぎ。「またお越しくださいませ。」までに次のお客さんいらいらです。そう思うのは気の短いわたしだけでしょうか?
それと文法的に言うと、「いらっしゃいませ」ではなく「いらっしゃいまし。」なんだとか。文法的に説明できないのが私の弱点なのですが。どなたか教えてくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巷でうわさのCDを買いに・・・

初体験です。私CDショップに入ったこと無かったんです。でもどうしても欲しくて、近所のお店すみやさんいったのですが・・・
店内をあっちゃこっちゃ見て回ったのですが、ありません「水入らず」が・・・・
でも店員さんに言えないんです。久保ひとみさんの「今夜はふたり水入らず」というの欲しいんですけど・・・・あ~ぁ小心者。たしか11月5日発売なんだから・・・あるはず・・・。
でもありましぇ~ん。「えっそのお歳で・・・・」なんて言われそうで店員さんに聞けないんです。まあいいか2~3日したらまた来てみよう。ここはB型あきらめはとってもはやいので~す。
なんでもこのCDジャケットは浜松出身のお方で雷門獅籠さんの作品だそうでこの雷門という名が私にとってなつかし~いなつかし~いお名前なのです。今から50年ほど前、浜松の千歳町(今のモール街、昔は浜松座通りといいました。)に浜松座という芝居小屋があり父に連れられてよく行ったものでした。そこでよくかかっていた芝居が雷門五郎さんのお芝居でした。そのほか、大宮敏光さんのでん助もよく見ましたね~。ちょっとたりないでん助としっかり者の娘すみちゃんのほろっとする父娘愛。隣の席に座っているほろ酔いかげんの父がタイミングよく「すみちゃん!」と声をかけたことをいまでも思い出します。
そのすみちゃんは今浅草で小料理屋さんをしているそうでずっと前テレビで放送されていましたっけ。なつかし~い。うれしい思い出です。
そうそう1週間ほど前になりますかスーパーで久保さんにお会いしました。10年前にテレビはままつでお見かけしてそれ以来でしたのでつい声をかけてしまいました。とっても良いおかあさんをしていらっしゃいました。主婦、母、歌手ひとりで何役もされていてすばらし~い。これからもずっとますますファンでいますからがんばってください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ほととぎす

hototogisu



我が家の小さな小さな庭にかわいい花が咲きました。というよりはずっと以前から咲いていたのですが、わたしが気にも留めずにいただけでした。
この花なんていう名前?と母にたずねたところ、「あっそれはほととぎす。」「へ~。」
ほととぎすから連想するとそうそう徳富蘆花の「不如帰」秀吉、信長、家康3人の「鳴かしてみよう」って言ったり、「殺してしまえ」って言ったり、「鳴くまでまって」てやったり、なんか悲劇の鳥みたいですけど、でも花はかわいいわね~。
花言葉は「永遠にあなたのもの」ですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »